読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器ドラムブログ

島村楽器のドラムブログ。ドラムにまつわる様々な情報を発信していきます。

【徹底検証】「 穴あきシンバル 」ってどんな音? マイネル (Meinl) の Byzance と Classics シリーズを徹底検証 (Part4)

徹底検証 -- シンバル

トルコ系シンバルとはまた一味違う、ドイツの精鋭ブランド

f:id:shima_drum:20160927172237j:plain

こんにちは。熊本パルコ店ドラム担当、坂田です!

今回はシンバル3大メーカー(ジルジャン、セイビアン、パイステ) とは一味違ったシンバルの紹介です!穴あきシンバル徹底検証もこれで4回目に突入ですが、まだまだキャラクターの異なるシンバルがあります!

マイネルシンバルは、普段はあまり目にする機会が少ないと思いますので、是非この検証記事を参考にして頂ければと思います。

おさらい:穴の空いたシンバル

最近こんな形のシンバル、見かけるようになりましたよね?

f:id:shima_c_kumamoto:20160926230919j:plain

数年前まで「エフェクトシンバル」と言えば、チャイナシンバルやスプラッシュシンバルを思い浮かべたのではないでしょうか?ところが近年、サイズや形状が多様化したエフェクトシンバルが各メーカーから出てきました。

その中でも最近よく見かけるのがこちらの「穴あきシンバル」です。「よく見かけるけど、実際どんな音がするの?」という方も結構多いハズ。ということで、前回に続きこの「穴あきシンバル」に迫っていきます~!

普通のシンバルとの比較 

クラッシュシンバルと形が似ているこの穴あきシンバル、実際にどんな違いがあるのでしょか?見た目だけではわかりづらいと思いますので、実際に音を比べてみたいと思います。まずはこちら、ザ・スタンダードクラッシュといえばこちら、ジルジャンのミディアムクラッシュの音を聞いてみましょう。

A Zildjian Medium Crash 16

f:id:shima_c_kumamoto:20160325221559p:plain

次にチャイナシンバルも聴いてみましょう。

A Zildjian CHINA HIGH 18

f:id:shima_c_kumamoto:20160315175904p:plain

一言で表すとクラッシュシンバルは ”シャーン” で、チャイナシンバルは "パシャーン" 。それぞれ全然音が違う音がしますよね?「クラッシュだと普通変わり映えしないけど、チャイナだと存在感がありすぎる」、、穴あきシンバルはそんな要望に応え、この微妙な中間を攻めるオイシイ~シンバルなんです。

今回の基準

先ほど聴いた A Zildjian Medium Crash 16のピッチ、音量、サスティーン、レスポンスの「0」とします。

f:id:shima_c_kumamoto:20160325224049j:plain

穴あきシンバル特集では、「チャイナ感」という項目を増やしました。「チャイナ感」とは少しひずんだ、"シュワ~" とした感じの音のことを言います。最近では「トラッシーな音」とも言いますね。この「チャイナ感」が高いシンバルほどチャイナシンバルに近い、ということになります。

ブランド紹介:マイネル (Meinl)

f:id:shima_c_kumamoto:20160925114208j:plain

1951年、ドイツで Roland Meinl 氏によって設立されたシンバル及び打楽器総合メーカーです。社員が全員ドラマーという恐るべき集団。ドラマー目線でのシンバルや楽器のサウンドを創り上げています。豊富なシリーズ展開が特徴です。シンバルメーカーとしては最多となる6種類の合金を使用したラインナップがあり、多彩で幅広いサウンドのシンバルが揃っています。

Byzance Vintage (バイザンス ヴィンテージ) シリーズ

f:id:shima_c_kumamoto:20160925114553j:plain

伝統的なB20ブロンズ合金製で、革新的なデザインとこれまでにない個性的なサウンドが特徴です。ハンドハンマリングが施され、表面はサンドブラスト仕上げになっています。 音楽性を最大限に表現したいと切望するドラマーたちをターゲットに製作されました。 非常に魅力的なサウンドキャラクターを持つ、注目すべき最先端のシンバルです。

 

それでは検証スタート!

①Byzance Vintage Trash Crash 16" B16TRC

f:id:shima_drum:20160927171441j:plain

メーカー希望小売価格:¥32,000(税抜)¥34,560(税込)
販売価格:¥27,200(税抜)¥29,376(税込)
JAN :0840553009958

 

 まずは、16インチのバイザンスシリーズのトラッシュクラッシュ。

見た目はサンドブラスト仕上げになっていますが、きらきらと美しい輝きを放っています。光の当たり具合では黄金に輝く何とも贅沢なシンバル。大きな円形の穴と棒状の長丸型の穴が共に4つづつ空いています。シンバルはかなりフラット気味でカップも浅め。ロゴは金色でルックスもばっちりです!

f:id:shima_c_kumamoto:20160926204332p:plain

クラッシュシンバルのようなニュアンスは残しつつ、しかしトラッシュクラッシュと言うだけあってかなりドライでキレのあるアタックとバイザンスシリーズ独特のサスティーンを持ったシンバルです。太鼓にも負けない音量と他のシンバル達にも負けない爆発力があってかなり使い勝手の良さそうな印象を受けました。

刻んでも良し、クラッシュしても良し、場所を選ばない絶妙なトラッシュ感は流石です!ジャンル問わず、どこでも強気で使っていける1枚。

②Byzance Vintage Trash Crash 20" B20TRC

f:id:shima_drum:20160927171459j:plain

メーカー希望小売価格:¥48,000(税抜)¥51,840(税込)
販売価格:¥40,800(税抜)¥44,064(税込)

 

続いて同シリーズの20インチ。

この見てくれで20インチとセッティングしただけでかなりの存在感がある大きな穴あきシンバル。ウエイトも軽くシンバルも薄いです。

f:id:shima_c_kumamoto:20160926213138j:plain

穴の位置は16インチよりサイズで見るとかなり内側に配置されています。それでは聞いてみましょう!

f:id:shima_c_kumamoto:20160926204356p:plain

豪快なクラッシュ音というか、破裂音が炸裂する非常に強烈なシンバル!このシンバルを一言で表すなら、「ゴージャス」ですね。笑

叩いた瞬間にレスポンス良くドカーンと鳴った後に、きらきらとした余韻をまき散らしながら減衰していきます。低音がしっかりと出ているせいか、かなり太い芯のあるサウンドになっています。チャイナだとキンキンする、だけどここぞの1発が欲しい、という人は採用してみる価値が十分にある、無限の可能性を秘めたシンバル。かさばらないし軽いので持ち運びも便利です!

CLASSICS CUSTOM (クラシックス カスタム) シリーズ

f:id:shima_c_kumamoto:20160926180937p:plain

B10ブロンズ合金を使用したシートシンバルのシリーズ。ブリリアントフィニッシュによる魅力的でモダンなルックスと非常に優れた音質が特徴です。野心的なロックやヘヴィーメタルドラマー向きの、リッチで音楽的なサウンドを生み出せます。大音量で明るく、シートシンバルなのにモダンでリッチなサウンドという、コストパフォーマンスが本当に素晴らしいモデル。

 

③Classics Custom Trash Crash 16" CC16TRC-B

f:id:shima_drum:20160927171515j:plain

メーカー希望小売価格:¥17,000(税抜)¥18,360(税込)
販売価格:¥14,500(税抜)¥15,660(税込)
JAN :0840553011968

 

ここからは、B10ブロンズのクラシックスカスタムシリーズのトラッシュクラッシュです。ブリリアント仕上げでピカピカです!バイザンスとは変わって大小2種類の穴が交互に空いたシンバル。広範囲にしっかりとハンマリングがされている点も違います。セイビアンのO-ZONEシンバルに少し見た目が似ていますね。

f:id:shima_c_kumamoto:20160926205931p:plain

16インチとは思えないダイナミックな音で存在感があります!バイザンスシリーズよりもさらにトラッシーになっています!しかし、ハンマリングのせいか倍音豊かでピッチは落ち着きのあるややダークな印象。やや硬質なサウンドキャラクターのせいか、見た目以上に音量が稼げる不思議なシンバル。どちらかといえばロック、メタル向き。エフェクトで要所で、というよりは普段からガシャガシャ鳴らしていたいシンバルです。

④Classics Custom Trash Crash 18" CC18TRC-B

f:id:shima_drum:20160927171528j:plain

メーカー希望小売価格:¥21,500(税抜)¥23,220(税込)
販売価格:¥18,300(税抜)¥19,764(税込)
JAN :0840553011975

 

こちらは18インチのモデル。上の画像はメーカーサイトの物ですが実際は・・・

f:id:shima_c_kumamoto:20160926205642j:plain

このように穴が2つ多く10個の穴が開いています。

カップも大きく穴の位置はボウ部分の真ん中に集められています。それで聴いてみてください!

f:id:shima_c_kumamoto:20160926205912p:plain

音割れしてしまった為、入力レベル下げて録音していますが、実際に叩いて体感すると凄まじいボリュームで圧倒されます!ここまで音量が出る穴あきシンバルはなかなか無いんではないでしょうか・・・チャイナのような使い方をしても十分活躍してくれる穴あきシンバルです!16インチと比べるとかなり音色や鳴り方は似ています。思いっきり鳴らしたい方はこちらを選択した方が良いです!

⑤Classics Custom Trash Splash 12"  CC12TRS-B

f:id:shima_drum:20160927171544j:plain

メーカー希望小売価格:¥11,000(税抜)¥11,880(税込)
販売価格:¥10,098(税抜)¥9,350(税込)
JAN :0840553011951

 

 最後は番外編!

こちらはクラッシュではなく12インチのスプラッシュシンバルですが、同じように比較していきたいと思います。

ラシックスカスタムシリーズでは唯一の穴あきスプラッシュです!18インチトラッシュクラッシュの小さい穴がスプラッシュ大きい方の穴と同じサイズになっています。

f:id:shima_c_kumamoto:20160926204406p:plain

サイズの割にかなりピッチは低く、スプラッシュらしからぬサスティーンを持っています!トラッシーなんですが、穴が開いているにもかかわらず非常に透き通って明るいサウンドです。言っていることはかなり矛盾していますが、ダークで明るい、という表現がしっくりくる1枚。薄いのでハンドシンバルとしても十分に鳴らすことができます。値段も手軽なところがうれしいですね!

 

検証後記

みなさま、マイネルの穴あきシンバル、いかがだったでしょうか?実は世界的にはたくさんのアーティストが使用している、とてもメジャーなシンバルですが、今まで国内ではあまり見ることが少ないシンバルでしたね。

f:id:shima_drum:20160927175052j:plain

私個人が良く耳にするマイネルの印象としては、「硬い」という言葉が多い気がします。実際に叩いてみて感じたことは、決して硬いという表現が間違っているという事ではないのですが、そこには耳に気持ちいい深みだったり、アンサンブルの中で抜けてくるエッジの鋭さが含まれており、サウンドはとても説得力のあるものでした。

今回は穴あきシンバル、という事で2つのシリーズのみを検証しましたが、マイネルには他にもたくさんのシリーズ、金属のシンバルがあり、そのシリーズ毎に明確な方向性が示されていて、叩くとそのこだわりが音で伝わる素晴らしいシンバルだということを実際に検証して思い知らされた次第です。

まだまだマイネル検証をやっていきますのでこのシンバルの良さをどんどん伝えていけたらな、と思います!

 

次回もお楽しみに~ ^^

 

この記事を書いた人 

熊本パルコ店 ドラム担当 坂田

f:id:shima_drum:20160120170021j:plain

吹奏楽、マーチング等のコンサートパーカッションからラテンパーカッション、ドラムセットのチューニングや奏法、ルーディメンツなど、打楽器に関する事はは全てお任せ下さい!ドラマーの皆様を全力でサポートします!

この記事を書いた人のお店

f:id:shima_drum:20160120170044j:plain

熊本パルコ店 店舗情報-島村楽器