島村楽器ドラムブログ

島村楽器のドラムブログ。ドラムにまつわる様々な情報を発信していきます。

【こだわりの逸品】 自分だけの1台を! TRUST CUSTOM DRUMS ( トラスト・カスタム・ドラムス ) に迫る

世界に1台だけのドラムが欲しいと思ったことありますか?

f:id:shima_drum:20160828161059j:plain

こんにちは、開発のイシイです!

みなさんは「カスタムドラム」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。「自分だけのオリジナルドラム」という意味です。

もし第一線で活動するアーティストにドラムを提供し続けている2人のドラムビルダーが「自分だけのオリジナルドラム」を作ってくれるとするとどうでしょうか?少しワクワクしてきますよね!

今回紹介するのはTRUST CUSTOM DRUMS、アメリカのカスタム・ドラムメーカーです。

TRUST CUSTOM DRUMSとは

f:id:shima_drum:20160516153642j:plain

「TRUST CUSTOM DRUMS (以降TRUST)」のドラムについて語る時はまずアメリカのカスタム・ドラム・メーカー「TRUTH (以降TRUTH)」の話をしないといけません。TRUTHは「ドラマーひとりひとりの要望に応えたカスタムドラムを提供する」という理念のもと、ドラムビルダーの Geoff Barrios氏 と Tim Gibson氏 によって2001年にカリフォルニア州(USA)にて創業しました。

サウンドからデザインまでプロ/アマ問わず一人一人のドラマーの要望どおりに二人で丁寧に仕上げるTRUTHの評判は、アメリカ国内において徐々に広まっていきます。その評判は2006年、同じく西海岸、豊かな自然で知られるオレゴン州に拠点を移転してからも変わりませんでした。そして2012年、TRUTHは日本に向けて「TRUST CUSTOM DRUMS」ブランドが誕生しました。

そのきめ細やかなドラム作りと個性的なフィニッシュで、アーティストから一般のドラマーまで幅広い支持を集めてきたTRUTH。「全てのドラマーに対して、同じクオリティのドラムを提供する」、TRUTHおよびTRUSTはそんなドラムに対する熱い思いを持った二人のドラムビルダーが作ったブランドです。

TRUSTのこだわり

TRUSTのこだわりをいくつか紹介していきます。

多彩なデザイン:

今まで扱ってきたドラムデザインをご紹介します。

f:id:shima_drum:20160830121731j:plain

左はホワイトマリンパールの中でのブルーへのグラデーションが美しいスネア。右はマパバール材の7インチスネア。

f:id:shima_drum:20160830121744j:plain

メイプルシェルに様々な木材で彩ったモデル。トレードマークのウッドバッジに持ってきたピンクスパークルのワンポイントが効いていますね!(ビーバーテール・ラグ)

f:id:shima_drum:20160830121804j:plain

メタルシェルにウッドのエッジを付け、クラシックデザインのシングルフランジフープを装着したモデル。サウンドは見た目に反してウォームかつタイトです。(同じくビーバーテイルラグ)

f:id:shima_drum:20160830121820j:plain

TRUTHのスネア

f:id:shima_drum:20160830133629j:plain

TRUTHのドラムセット

サウンドへのこだわり:音を作る接点(ベアリングエッジ)

f:id:shima_drum:20160828171624j:plain

ドラムの命、それはヘッドとシェルが接触する部分、「ベアリングエッジ」です。ドラマーのショットに素直に反応し、シェル・フープ・ヘッドを鳴らしきるために不可欠なエッジの仕上げ。求めている音が、空気を鳴らしきるオープンな音であろうと、凝縮された塊のようなストレートなリムショットのクラックサウンドであろうと、TRUSTではエッジに特に気を使いながら他のスペックを厳選し仕上げていきます。

きめ細やかな仕上げ:

f:id:shima_drum:20160828164602j:plain

これこそ少数精鋭の職人チーム(職人コンビ) ならではの仕事ぶり。カバリング(ドラムに巻き付ける化粧板) のつなぎ目 (合掌貼り(Butt Seemed Wrap Finish)) がとてもきれいです。1枚のカバリング材に模様が印刷されていることが多い中、デザインによっては異なるカバリング材をつなぎ合わせて作るデザインも得意としています。

(仕上げの見え方はカバリングの素材にもよりますので、予めご了承ください)

今注目のスイッチといえばコレ:Trickストレーナー

f:id:shima_drum:20160828164213j:plain

スナッピーOn (左)、スナッピーOff (右)

今、新興ドラムメーカーがこぞって採用しているストレーナーTrick製 のストレーナー。スマートなデザインと、回転式のスイッチが新鮮ですね。クリック式のテンション調整もありがたいです。

耐久性へのこだわり:強固なハードウェア

f:id:shima_drum:20160828164926j:plain

以前は耐久性が心配されていたチューブラグ。技術の進歩はこうしたシンプルなところにも表れています。TRUSTのラグはCNCの削り出しのブラス製のものを使っています。型に流し込んで生成したラグ中には使用中に折れてしまうものもありますが、各国をツアーするミュージシャン達によってその頑丈さが証明されてきたTRUSTのチューブラグにその心配はいりません。(TRUSTのスタンダードのラグはチューブラグですが、例えばビーバーテール型のラグなど他のタイプも可能です)

なぜ TRUST なのか?

f:id:shima_drum:20160516153613j:plain f:id:shima_drum:20160516153618j:plain

気になりますよね?

実は 「TRUTH」は商標の都合上、日本国内では使えません。よって Tim さんと Geoff さんが考えたのが、「TRUST CUSTOM DRUMS」。クオリティに対する信頼、サウンドに対する信頼、ビルダーに対する信頼、色々な意味が込められたとても力のある名前ですよね。

「TRUST」の名のつくドラムは全て、オレゴン州のTRUTHのカスタムショップにて、Tim Gibson氏とGeoff Barrios氏というドラムビルダーの手により、同じ手間、同じ時間、そして同じ情熱をかけて1台づつ生み出されています。

 

ドラムビルダー、Tim Gibson氏 (共同創設者) に聞いてみました

f:id:shima_drum:20160828160054j:plain

 

Q1 TRUST をどんなドラマーに使って欲しいですか。

A1 

TRUST は「普通のドラム」では満足しないドラマーに使って欲しいと思っています。ドラマー一人一人に個性があるのと同じように、彼らが使うドラムも1台1台ユニークであるべきだと思います。その楽器を通じて自分の好みをさらに磨いて欲しいと思います。私達は働き者ドラマーのためにがんばる働き者ドラムビルダーです。

 

Q2 ドラム製作において最も重要視している事は何でしょうか。

A2 

一貫性です。TRUSTは「Build things right the first time everytime (最初から、そして毎回、正しく仕上げる)」がポリシーです。これを実現するためにはたった二人でドラムを作り続けています。少数精鋭の利点、それは高いレベルのクオリティコントロール、品質の一貫性、そして最終商品に対する厳しい基準を設定することができることです。他のドラムメーカーはビルダーや研修生を何人も雇い、単調作業を担当してもらうことがあります。これは品質の低下につながり、最終的なドラムにもバラつきが出てきてしまいます。

 

Q3 日本のドラマーにむけての一言をお願いします。

A3

練習をすることです。一夜でうまくなることはありません。音楽に対する努力と献身を続けることにより、結果はかならずついてきます。私達も新しいことにチェレンジし続け、ドラム制作技術を磨いてきました。ドラマーのみなさんも自分が得意なこと(才能) を磨き続け、音楽の可能性を広げ続けて欲しいと思っています。

 

日本のドラマーに向けたモデル

100%カスタムメイドのドラムはもちろん価値がありますが、形にするまで時間を要します。「世界にひとつ」まではいかなくても、1台1台に価値があるもの、そんなドラムを求めているお客様にTRUSTはセットモデルも展開しています。

TRUST Custom Drums 展示店舗

ディーラーショップ 札幌平岡店

札幌パルコ店 / 仙台イービーンズ店 / ミーナ町田店 / 大宮店 / けやきウォーク前橋店 / 新潟ビルボードプレイス店 / 名古屋パルコ店 / 岡崎店 / 梅田ロフト店 / 神戸三宮店 / 岡山店 / 倉敷店 / 綾川店 / 小倉店 / 宮崎店

(在庫の数が限られていますので、詳しくは各店までお問合せください)

 

最後に

こちらはTim Gibson氏のサインとGeoff Barrios氏の手書きのサイン。TRUSTのスネア 1台1台 には必ずどちらかのサインが記されています。

f:id:shima_drum:20160829121709j:plain

名前の下に書いてある記号と数字を見てください。LukeとかRomansとか、、、見慣れない言葉ですよね。これは実は聖書の引用なんですね。興味がある人はぜひ調べてみてくださいね。

ドラムビルダー(職人)としての誇り、生き方、そしてちょっとした愛嬌、全てがこのシンプルなサインに凝縮されているようで、私がTRUSTの一番好きなところは実はココです。(ちなみに "Made In USA" はその時の気分で入れたりするとか、、、全てUSAで作っているんですけどね。)

 

f:id:shima_drum:20160828160120j:plain

Geoff Barrios氏 (共同創設者)

 

トラストの魅力はどんなジャンルでも通用するサウンドと美しいデザインです。製作者の誇りを1台1台のスネアから感じ取り、大切に愛用して頂ければと思います!

次回はTRUSTのスネア1台1台にさらに迫っていきます。それでは!

 

おまけ:アーティスト紹介

世界中でTRUTHを愛用しているアーティストを何名か紹介致します。

イギリスのポストハードコアバンド、Enter Shikari

アメリカ カリフォルニア州出身のポストハードコアバンド、Pierce The Veil

アメリカ テキサス州出身 メタルコアバンド、 Memphis Mayfire

アメリカ テキサス州出身のメタルコアバンド、Crown The Empire

アメリカ ラスヴェガス出身のポストハードコアバンド、 Falling In Reverse

アメリカ フロリダ州出身のロックバンド、 Set It Off

 

アメリカではかなり激しい音楽で愛用されることが多いTRUTHですが、音楽を選ぶのはドラマーです。Timさんがおっしゃるとおり、ポップス、ファンク、アコースティックなど可能性を広げ、幅広く使っていきたいドラムですね。

 

TRUTH Custom Drums オフィシャルサイト

島村楽器(株) 正規輸入代理店

 

TRUST CUSTOM DRUMS の国内ディーラーショップもよろしくお願いします。カスタムドラムに興味がある方、お気軽にご相談ください。

f:id:shima_drum:20160126143603j:plain

イオンモール札幌平岡店 店舗情報-島村楽器