島村楽器ドラムブログ

島村楽器のドラムブログ。ドラムにまつわる様々な情報を発信していきます。

【今さら聞けない】大事な事は4つだけ!4つのストロークをマスターしよう

4つの基本ストロークが上達への近道!

f:id:shima_c_sapporo:20151207180953j:plain

札幌パルコ店のドラム担当、タムタム・トリヅカこと鳥塚です。

 

ドラムってカッコイイですよね。
誰もが驚き目を見張るようなスピード感ある派手なフレーズを叩くのはもちろん、シンプルなパターンで感情の全てを表現したり、たった一発のショットで存在感を示すような演奏ができるのもドラムの大きな魅力です。今回紹介するのはその全ての演奏の基本となる「ストローク」についてです。

なぜストローク

それではなぜここでストロークなのか?ですが、これからご紹介する4つのストロークを身につけると「きれいな音色」「音量のコントロールが身に付きます。
当ドラムブログでは、多くの楽器のご紹介を行っていますが、これらの楽器の魅力を最大限に引き出すのはやはり演奏する側にかかっています。
お気に入りのドラム、シンバルを良い音で鳴らために、ぜひこれらのストロークを身につけていただきたいと考えています。

4つのストロークとは

スティックのスタート地点と、叩いた後のスティックの静止位置の違いにより、4つのストロークがあります。

  1. フルストローク
  2. ダウンストローク
  3. タップストローク
  4. アップストローク

一つずつご紹介します。

1. フルストローク

肩に付くくらいの位置から大きく振り上げた状態のスティックを、肩→肘→手首→指全体をしならせるようなイメージで振り下ろします。

f:id:shima_c_sapporo:20151219181121j:plain

そのまま振り下ろしてドラムを叩いたら、
スティックが跳ね返ってくる反動を逃さずに最初の位置まで振り上げて終わりです。

2. ダウンストローク

振り上げた状態のスティックを、フルストロークと同じように腕全体をしならせるイメージで振り下ろし、

f:id:shima_c_sapporo:20151219181238j:plain

ドラムを叩いた直後に指を握りこみスティックの動きをとめます。
スティックは打面の上2~3センチのところで打面と平行に静止します。

 

3. タップストローク

打面上2~3cmのところで静止しているスティックを、支点以外の指を開くようにして打面に落とします。手首を軽く動かし、スティックのスピードをアシストしてもよいでしょう。

f:id:shima_c_sapporo:20151219181316j:plain

スティックが打面を叩いたら、これまた即座に跳ね返りを拾い、もとの2~3センチの高さで指を握りこみ、スティックの動きを止めます。

 

4. アップストローク

打面を叩く動作までは上記タップストロークと一緒です。
低い位置で静止したスティックを、打面に落とすように叩きます。

f:id:shima_c_sapporo:20151219181359j:plain


スティックが打面を叩いたら、跳ね返ってくる反動を逃さずに、
手首→肘→(肩も?)の腕全体で反動をすくい上げるような意識で最初の「フルストローク」の位置まで振り上げて終わりです。

 

連続した流れ

まずは、ゆっくり、ひとつひとつの動作を確認しながらこの4つの動作を連続してみましょう。

f:id:shima_c_sapporo:20151219213324j:plain

ひじからスティックのチップまでが常に一直線で、キレイな二等辺三角形であること、
肩→肘→手首→指をしならせるようにスティックを振ること、
両手が同じ動きになること、

f:id:shima_c_sapporo:20151219213341j:plain

 これらをできれば鏡の前で確認しながらじっくりゆっくり試してみてください。
打面を叩いた後にスティックがぶれて、「だららっ」と鳴ることも絶対無いようにしましょう。

スティックの高さ=音量

ドラムの演奏においては、スティックの振り下ろす高さイコール音量と考える事ができます。
この4つのストロークに当てはめますと、フルとダウンは音量大、タップとダウンは音量小です。実際の演奏では例外も多数あり、様々な表現があります。しかし、今回ご紹介したストロークの練習をする際は、音量大と小を叩き分けられるようにしましょう。

動画でおさらい

今回紹介した4つのストロークを、動画で紹介しています。フル→ダウン→タップ→アップの順で収録しています。

最後に

今回お話しした4つのストローク
これから始める方はぜひ毎日の練習メニューに加え、また、すでにドラムを叩いている方もぜひ見直してみることをおすすめいたします。
ゆっくりゆっくり繰り返していると、身体がこの動きを覚えてくれます。そうすればしめたもの。意識しなくても正しい動作で演奏することができるわけです。

動作が正しいかどうかは、良い演奏、良い音楽には関係が無いように見えるかもしれません。細かいことは気にせずに、自分なりの叩き方で自由に楽しく叩ければ良いとも言えます。

しかし、これに限らず基本的な奏法は、長い音楽の歴史の中で先人達が生み出したいわば「上達への近道」と言ってもよいと思います。近道は利用しない手はありません。ぜひどうぞお試し下さい。

この記事を書いた人

札幌パルコ店 ドラム担当 鳥塚

ドラマーさんのお悩み解決のため毎日元気に営業中!ドラム情報アカウント、@tomtom_toriduka の中の人です。

f:id:shima_drum:20160120173243j:plain

この記事を書いた人のお店

f:id:shima_drum:20160120172914j:plain

札幌パルコ店 店舗情報-島村楽器